fc2ブログ
2013-03-31 17:17 | カテゴリ:知っ得情報 素材 溶剤リサイクル術
みなさんは使用済みの溶剤(シンナー等)はどうしてますか?(・ω・ )

本日はこの使用済みの溶剤に関しての記事です。

特にエアブラシでの塗装を行うモデラーさんはシンナーの使用割合は高くなってると思います。
塗装後のエアブラシ洗浄等で結構多くの溶剤を使用しますね。

塗料で汚れた溶剤はそのまま捨てる訳にはいきません。
この廃シンナーですが通常は廃棄処理業者に引き取ってもらい処分しなければなりません。

ですが一般的にプラモ製作時に発生する廃溶剤はこららの工業廃棄物での量からすると微々たるものなので個人の処理となります。

廃シンナーを新聞紙等にしみこませ迷惑のかからない場所で揮発乾燥させ処分する場合が一般的でしょうか・・・

ですがこれも環境には良くない訳で・・・(´ヘ`;)

なので出来るだけ使用済みの溶剤も再利用しましょう!の方法とその後の処理方法を紹介したいと思います。

実はこの方法、私はもう30年以上前から実行しています。
この方法を教えてもらったのは父親からでした。

父はプラモ等は作らない人でしたが休みになると日曜大工(D.I.Y)の好きな人で物置や棚等を自分で作ってしまう人で塗装までしっかりやってしまうんですw
その時、ペンキを薄めたり使ったハケを洗浄したりで出た廃シンナーを


「再利用できるんだぞ (`・ω・´)」とその方法を教えてもらいました。


前置きが長くなりましたが廃シンナーの再利用方法です。


まずエアブラシや筆の洗浄等で出る汚れた溶剤は密閉できるガラスの容器に貯めておきます。
廃シンナー 

これに 『 との粉 』 を適量(廃溶剤に対して1/4~1/5程度)を入れて混ぜます。

との粉 黄 200g 木彫・木工・塗料 目止め・ニス・着色ニス B09-3052との粉 黄 200g 木彫・木工・塗料 目止め・ニス・着色ニス B09-3052
()
学校教材の専門店 美工社

商品詳細を見る

上記に紹介したとの粉もありますがホームセンターやペンキ屋等で200~500円程度
なので結構や安く入手もし易いと思います。


との粉を混ぜて1時間ほどでみるみる廃溶剤は綺麗になります。
との粉の攪拌されたノリが沈殿するまで数日放置します。

3日ほど経つと下記のようになります。
(ちょっと汚く見えますが・・・瓶の内側に付着している塗料で中の溶剤は結構綺麗です・との粉もわかりやすいように多めに入れてあります)
溶剤リサイクル 

この後、上澄みをスポイトで採ってコーヒー用のフィルターで濾過し別な容器に移します

この再生した溶剤ですが

塗料の希釈には適しませんのでエアブラシや筆の洗浄、塗装に失敗したパーツの塗装落とし等に利用できます。

この再利用溶剤ですが同じように2~3度ほどこの工程で利用できるようになります。

塗料を吸着した との粉 ですが瓶のまま、迷惑の掛からない野外に放置しておきましょう。(雨など入らないような場所です)

との粉乾燥後に 燃えるゴミ として処理できます。

また他の利用法としては このとの粉を砕いてジオラマ用の瓦礫や塗料に混ぜてウォッシング材としても活用できます。(戦車等の汚れ表現にも使えますよ)


続いて 最終的に再利用もできなくなった廃溶剤の処理方法です。

再利用は上記の方法で3回くらいなのでそれ以降はやはり大きめの密閉できる容器(ガラス瓶が良い*インスタントコーヒの容器とかベストですね)に移して貯めておきます


その再利用もできなくなった廃溶剤は下記のアイテムを利用します。

残塗料処理剤 No413-001残塗料処理剤 No413-001
()
不明

商品詳細を見る

この 『 塗料処理剤 』 もホームセンターやペンキを取り扱っている店舗で入手可能です。
価格は160~200円弱程度です。


この記事の内容ですが全く同じ内容で『 模型の花道 』さんのHPにて再利用方法や再溶剤の一覧表等が詳しく紹介されています。

是非、ご覧になってください。(下記バナーより詳細記事へジャンプします)

mokehana-banner.gif 
模型の花道、管理人様には
了解を得て掲載しております。

※注意: このようなシンナーのリサイクル方法はユーザーの知恵から生まれたもので、製造メーカーが品質保証するものではありません。実行する場合は各自の責任においてお願いします。
スポンサーサイト